PC表示スマホ表示
松井証券の無期限信用取引を利用した優待取得方法(4)
トップ株主優待の裏ワザ・お得情報 > 松井証券の無期限信用取引を使った優待取得方法(4)

松井証券の公式サイトへ


松井証券の無期限信用取引を利用した
優待取得方法(4)

信用売りを行う



信用取引を開く → 証券口座へ入金現物株式(買い)
信用取引(売り)信用取引の手仕舞い(現渡)
証券口座から出金



ここまでで現物株式の買い注文が完了しました。続いて信用取引で、先ほど注文を入れた銘柄を同じ株数『信用売り』をします。注文を入れるタイミングは、現物株の買い注文と信用取引の売り注文が同時に行える時間帯を選んで注文しましょう。


こちらの動画でも信用取引の売り注文の手順を確認できます!


1.松井証券のトップページ上にある(1)『株式取引』をクリックします。続いて画面左側(2)『信用新規』をクリックすると、銘柄検索画面が出てきます。(3)に銘柄名もしくは銘柄コードを入力し、(4)の『検索』をクリックします。

信用新規注文入力



2.現物株式の注文と同じく伊藤園を例に取って進めていきます。赤枠で囲った部分を見ていきます。

・取引区分は『新規売(無期)』を選択します
・口座区分は通常『特定』を選択。
・市場は『東証』を選択します。必要に応じて他の市場を選択します。
・株数は、現物株式と同じ株数を入力します。
・値段は『成行』をチェック。
・執行条件は『なし』を選択。
・有効期間ですが、今回は権利確定日の前日に注文を入れたので『週末まで』を選択しました。

すべて入力したら『注文確認』をクリックします。

注文完了



3.注文内容を確認します。間違いがなければ『取引暗証番号』を入力し、『注文する』をクリックします。

注文内容を確認



4.注文が完了しました。『注文照会』の部分をクリックすると、注文内容の詳細が確認できます。

注文完了



5.注文照会』をクリックすれば、注文内容が確認できます。この状態で、権利付き最終日を迎えれば、現物株・信用売り両方が同価格で約定します。

注文照会画面



6.翌日の取引が始まったら、再びログインして注文照会しましょう。今回は現物買い・信用売りどちらも1株1455円で100株ずつ約定しました。

注文照会画面


これで権利落ち日(権利付き最終日の翌営業日)を迎えれば、株主優待がもらます。次のページで信用取引の手仕舞いをしましょう。




 松井証券を使って株取引を学びましょう
目次口座開設入金買い注文売り注文出金