PC表示スマホ表示
少額投資での取引にかかる手数料の比較
トップ証券会社 > 初めて株式投資をする方に向く証券会社

初めて株式投資をする方に向く証券会社




現在、ライブスター証券では、業界初の“全商品取引手数料「0円」キャンペーン”をおこなっています!新規に口座開設をした方を対象に、株式現物取引をはじめ、信用取引、日経225「先物・オプション」取引、FX取引など全ての取引で新規口座開設から約2カ月間(口座開設日から40営業日の間)、取引手数料が0円になります。

口座開設した方全員に、“やさしい株のはじめ方”管理人の書籍『はじめての株1年生』(1,575円相当)がもれなくプレゼントされます!(9月30日まで)



『株式投資は初めてで、全くわからない』という方や、『まずは少額で株式投資を初めてみたい』という方に向いている証券会社を選んでみました。初めての方は、手数料の安いネット証券を利用すると良いと思います。


株式投資が初めてという方には、株式投資とはどのようなものなのかを肌で体験をしてほしいと思います。よくわからない状態で株式投資をはじめてしまうのは、ギャンブルと同じになると思います。株に触れながら、足りない部分をおぎなうようにしていくのはいかがでしょうか?


株のことをよくわかってから株式投資を行なうことが望ましいと思います。慣れるまでは焦らずに、じっくり行なっていきましょう。まずは練習程度の金額で株の売買をしてみることをオススメします。どんなことでもはじめはなかなか上手く行かないことも多いと思います。株式投資も少額で『株ってこういうものなんだ!』と慣れていくのが良いと思います。


下の表で、証券会社ごとの手数料の比較を行なっていきます。売買する金額によって手数料が証券会社ごとに違ってくるのです。それではまず50万円以下の取引をするには、どの証券会社がいいのかを見ていきましょう。


■0〜50万円以下の取引における売買手数料の比較(※手数料は税抜き表示)

証券会社
/取引額
10万円
以下
20万円
以下
30万円
以下
50万円
以下
備考欄
松井証券 無料 無料
(300円)
無料
(300円)
500円 1日の約定代金合計
10万円以下
無料
むさし証券
(旧そしあす)
75円 95円 175円 175円 50万円以下の手数料が175円以下で格安!
ライブスター
証券
80円 97円 180円 180円 驚愕の手数料登場!
GMO
クリック証券

88円 97円 240円 240円 10万円以下の
手数料引き下げ
マネックス
証券
100円 180円 250円 450円 低い取引額に強い!
楽天証券 139円 185円 341円 341円 手数料大幅値下げ
SBI証券 139円 185円 272円 272円 業界大手の最安値
カブドットコム
証券

現金2,000円
90円 180円 250円 250円 手数料大幅値下げ
(→50万円以上の手数料はこちら

※黄色のマスは金額別で最安値、紫色のマスは次に安い価格となっています。
※松井証券の信用口座開設後6ヵ月間は、30万円以下の取引手数料が無料になります。



■まずは“少額・10万円以下くらい”で取引がしたいという方
少額投資(取引金額が10万円以下)」から始めたい、まずは株の売買に慣れるところから始めたい方には、松井証券マネックス証券GMOクリック証券ライブスター証券などがおすすめです♪この4社は、手数料が他社と比べてかなり低く設定されています


その中でも特にライブスター証券がおすすめです。10万円以下の取引は80円、50万円までの取引は180円と、他社と比較しましても手数料の安さが際立ちます。ただ、情報ツールなどはあまり豊富ではありませんので、取引専用口座として利用する方法が賢いと思います。ところで、10万円以下で優待はもらえるの?と思われるかもしれませんが、優待を実施している企業のうち10万円以下で株の買える銘柄は約280銘柄。優待実施企業の約20%もあるんです!!(2017年8月時点)

☆現在、ライブスター証券に新規口座開設すると、約2ヵ月間(40営業日)全ての取引手数料が無料になるキャンペーン+管理人の書籍プレゼントをおこなっています!


多くのユーザーに評価されている証券会社は?
人気が高いのはSBI証券です。口座開設数はネット証券業界ナンバーワン350万口座です。(2016年1月時点)オリコンの顧客満足度ランキングのネット証券部門で総合1位を受賞するなど多くの強みを持つ証券会社です。


■売買のたびに手数料を気にしたくないという方
むさし(そしあす)証券がおすすめです。50万円までの取引が175円以下(50万円〜300万円までの取引も最大440円と非常に安い)なので、高額な取引になった時でも手数料の面で安心して取引できますよね。


手数料の面では、上の表でサポートできたと思います。自分にあう証券会社で少しずつ株の売買に慣れていってくださいね。50万円以上の手数料も気になる方は、ネット証券の手数料比較表をご覧下さい。


それでは、次のページからは証券会社ごとの特徴を個別にみていきたいと思います。


ネット証券の手数料比較へ戻る | 個別に証券会社を比較するへ進む→

ネット証券を状況別で比較
  ネット証券手数料で比較する   株主優待のタダ取りで比較する
  ネット証券人気ランキングで比較する   キャンペーン情報で比較する
  はじめて&少額取引で比較する   便利ツール(無料)で比較する
  新規公開株(IPO)で比較する   ネット証券の口座を複数作るメリット