PC表示スマホ表示
株主優待・配当の基礎
トップ株主優待・配当の基礎 > 配当(配当金)とは?

配当(配当金)とは?


配当とは、『会社が物を売ったりして稼いだお金(利益)の一部を、私たち株主へ支払うもの』です。配当の金額は会社ごとに異なります。例えば、1株あたり10円の配当などと表します。この場合、1株持っていると10円もらえるので、もし100株持っていれば、10円×100株1,000円の配当がもらえます。1,000株持っていれば、10円×1,000株10,000円の配当がもらえます。配当は“持っている株の数”と“受け取る金額”が比例するので、たくさん持っていればそれだけ多くの配当を受けることができるのです♪


配当を受け取る仕組み

日本の平均的な配当は現在2%前後になっています。これは年々増えている傾向になっていて、その大きな要因は次の3点が考えられます。


■ 年に1回開かれる株主総会で『配当を増やしてほしい!』という要望が増えているため。
■ 会社の中にある余っている資金があると買収の対象として狙われやすくなるため。
■ 配当を増やすことで、株主数を増やし、買収から身を守るため。

…これらのことから、配当は今後も増えていくと思います。


次に『株主優待とは?』についてみていきます。株主優待は、会社からもらえるものがお金(配当)からモノ(株主優待)に変わるだけなので、基本的には配当と同じ考え方でOKです!!




1.配当(配当金)とは? 2.株主優待とは? 3.証券会社に口座を作る
4.どの会社の株を買うかを決める 5.実際に株の売買をする 6.権利確定日を待つ
7.株主優待・配当が届く 8.権利確定日カレンダー