PC表示スマホ表示
IPO(新規株式公開)
トップ >IPO(新規株式公開)

IPO(新規株式公開)でおこづかい稼ぎ♪

2005年からIPO投資(新規株式公開)に挑戦して、合計1,728万円管理人のくわしいIPO成績はこちら)もの利益を出すことができました。IPO投資というのは、「これから新しく上場する予定の株を買い、上場するときに売ることで利益を出そう」というものです。


IPOで利益を出すためには、何か特別なことをするわけではなく、「IPOの抽選にコツコツ参加をして、当選した場合は、すぐに売るだけ」…ただそれだけです。このくり返しにより、利益を積み上げてきました。
※トータルでは毎年きちんと利益が出ていますが、毎回、必ずしも儲かるとは限りません。


この先のページでは、「IPO(新規株式公開)とは何か?どうして利益が出せるのか?」、「どうやったら参加できるのか?」など、基本から順にくわしく見ていきます。最後には、管理人のIPO成績ものせています。


(例) 2016年に実際にIPOを行った会社の一覧表
下の図は、例として2016年に行われたIPOをまとめてみました。見慣れない言葉が多いと思いますが、ここはサッと目を通す程度でかまいません。右端の“初値売り”が、株を売買して発生した損益を表しています。

ちなみに「仮にすべてのIPOに当選をして、すべて初値で売却した場合」、
・【2016年】損益をすべて合計すると+1,109万円になりました。
・【2015年】損益をすべて合計すると+1,807万円になりました。
・【2014年】損益をすべて合計すると+1,432万円になりました。
・【2013年】損益をすべて合計すると+1,138万円になりました。
・【2012年】損益をすべて合計すると+307万円になりました。

また、下の表で「当選」と書かれているところは、私が実際にIPO抽選を受けて当選した会社です。2016年は20社に当選して、+222万円の利益が出ました!



2016年に上場した会社のIPO結果2016年に上場した会社のIPO結果

2016年のIPO結果
2015年のIPO結果
2014年のIPO結果
2013年のIPO結果
2012年のIPO結果
2011年のIPO結果




新規株式公開(IPO)を狙う!
目次(IPO編) IPO申し込み手順(マネックス証券)
IPO(新規株式公開)とは? どんなIPOが狙い目となるのか?
どうやってIPOに申し込みするのか? 抽選が受けられるIPO一覧
IPOの割り当てのある証券会社を探す 管理人のIPO投資成績
IPO向けの証券会社の傾向と特徴