PC表示スマホ表示
 ふるさと納税Q&A
トップ > ふるさと納税Q&A
 

ふるさと納税Q&A



 「ふるさと納税」をするときに出てくる質問や疑問にお応えします!
ふるさと納税を考えている方は、参考にしてみてください☆

  • Q、ふるさと納税は誰でもできますか?

    A、ふるさと納税自体は誰でもできます。ただ、ふるさと納税は寄付金を所得から控除できることにメリットがありますので、所得が少ない場合はお得感がそれほどありません。一般的に、お得感が出てくるのは、年収200万円くらいからと言われています。

  • Q、ふるさと納税のお礼品はいつごろもらえますか?

    A、お礼品によってさまざまです。たとえば、季節モノの特産品などは、旬になってから発送されます。そういった特別な事情がないお礼品であれば、1か月前後で届くみたいです。

  • Q、ふるさと納税の適用(所得税・住民税の控除)を受ける場合、確定申告しないといけませんか?

    A、2015年からは、5箇所までの自治体へ寄付する場合は、確定申告をしなくても良くなりました! 6箇所以上の場合は、これまでのように確定申告をしなければなりませんので、自治体から送られる「寄付金受領書」と、その年の「源泉徴収票」を保管しておきましょう。

  • Q、あやまって控除が適用されない金額まで寄付してしまった場合はどうなりますか?

    A、自己負担額が2,000円を超えてしまい、コストパフォーマンスが落ちてしまいます。コストパフォーマンスの最大化を狙うなら、上限に余裕を持たせて寄付する方がよいでしょう。

  • Q、お礼品のお得度をかんたんに比較できませんか?

    A、ひとつの方法としては、「還元率(お礼品の金額/納税額)」を見ることです。たとえば、1万円を納税すれば、1,000円のお礼品をもらえるならば、還元率は“10%”(=1,000÷10,000×100)となります。お礼品によっては、還元率が50%を超えるものもありますので、いろいろ調査してみましょう。

  • Q、クレジットカードでふるさと納税できますか?

    A、自治体によって、クレジットカードを使えるところがあります。クレジットカードを使えば、カードに応じてポイントが還元されますので、利用できるのであれば積極的に使っていきましょう。また、クレジットカードであれば、納付書(自治体から発行される)や銀行振込を利用するときにかかる手数料もかかりませんので、ダブルでお得です☆

  • Q、ふるさと納税による控除はいくらまで可能ですか?

    A、ひとそれぞれによって上限は変わります。原則として、収入が多いほど控除できる金額が増えます。こちらに収入と控除金額の上限の関係をかんたんにまとめていますので、よければご覧ください。



ふるさと納税の流れへ戻る | トップページへ進む→

ふるさと納税を使って、お礼の品をお得にもらおう!
 ふるさと納税とは? ・お礼の品の例 ・ふるさと納税の流れ ・ふるさと納税Q&A